gaiaで起こった某フロントラインLSの空中分解


gaiaで起こった某フロントラインLSの空中分解についてお話ししましょう。

私の予想では、とあるPCがフロントラインの参加回数100以上を維持したいがために他のサーバーの同じグランドカンパニーの主要チームの言葉を用いて、他人が作ったフロントラインLSの乗っ取りを試みたんですね。
自分の言葉ですらない時点で、残念かつずる賢く正々堂々としていないので、まったく私と同じような手段を使うので非常に好感が持てます。
他人の背後から銃をぶっ放すことほど安全なことはありません。

自ら人を集める手間なく、最も強くなったフロントラインLSを簡単に率いることができる。
何らかの理由でリーダーを追放しさえすれば、後は自分の物。
あらゆる手柄を独り占めできる。

そもそも、彼は誰と一緒に戦っているのでしょうか。
同じサーバーにいる人たち?それとも他のサーバー?
そんなに他のサーバーのチームが良ければ、なぜそのサーバーに行かないのか謎なんですけれども。

思惑がどうであれ、そう簡単にはいきません。
誰もが、自分と同じベクトルで動いていると勘違いしてはいけないのです。

人の数だけ、行動を起こす理由があるのです。
乗っ取りを試みる貴方にもまた別の理由があるのと同じように。

http://ff11guide.com/weblog/ff14-pvp-2015-04/
しかしながら、自分とは違うからといって他人の事情を予想しないことを続けた結果、どうなるかは自分自身で体験していただければと思います。

一緒にフロントラインというコンテンツを遊びたかった人たちの中で、ただ一人勝率とフロントラインへの参加回数に拘るから、今回の惨状に繋がったわけです。もしかすると意味がわからないかもしれないので懇切丁寧に説明しておくと、勝率もある程度重要だけれども仲間と一緒にコンテンツを遊べることが最も大切だと思っているメンバーはFLLSに参加している意味が無くなってしまうため離脱してしまうということです。だいたいそういう人たちが主要メンバーで強いわけですけれども。

他人を変えることはできないのです。
変えられるのは自分だけ。
周りがおかしいと思うのなら、自分自身が正しいと信じる仲間を探しに行けばいいのです。

週に100戦ということは、1日平均14戦、マッチングにかかる時間と試合時間を合わせて1試合につき1時間かかるとして14時間。毎日14時間以上ゲームする時間があれば、自分だけのこだわりのLSを作れそうな気がしますが、よほど人望がないのでしょうか。

私も自分の考えを信じて、”他人の背後から銃をぶっ放すこと”を続けようと思います。

関連記事

むかしむかし、あるところにFF11のPVP「バリスタ」を嗜む桃太郎というプレイヤーがいました。