【FF14フロントライン】戦況を変えるプロの野良


それは固定に轢き殺された野良の呪い

そんな呪いに、轢き殺す側の8固定パーティは気づかない

8固定で野良を轢き殺すことは普通すぎて、野良の怨念にも気づかない。
気づかないのか、気づかないフリをして、安直にスパイでは?などと考える。

マッチングするまでにかかる時間と試合が終わるまで、1セット30分以上かかるのに、そんな手の込んだことを普通に考えてするわけない。
まして、戦意高揚状態には簡単になることはできない。

野良の視点から見ると、8固定パーティは修正される前のウルヴズジェイルの「召召学の3固定パーティ」と同じ状態に思える。召召学の3固定パーティの対面に立った野良パーティはどんな気持ちになるだろうか。それが繰り返され、その気持ちは呪いに変わる。

ここで、飛び込む戦意高揚状態の不滅プレイヤーの得点状況を見てほしい

150611-1a

以前、この私が作った画像と完全に一致することがわかる

150515-7

3位である状況を変えることができないと悟った野良はかなり手が滑りやすい。手が滑って馬に乗ってしまい、つい勝たせたいと思っている国の方に手が滑って突っ込んでしまうこともある。

今できることをして遊ぼう

一応勝ちたいが、結局誰もが自由

勝率を追い求める者がいてもいい。それと同様にキルのアチーブメントを追い求める者がいてもいい。さらに同様にダメージを追い求める者がいてもいい。

誰もが自由。誰もが自分と同じ気持ちでゲームしていると考えてはならない。

関連ページ

➡️固定パーティによるバックアタック作戦の意図

➡️勝率のためにフロントラインLSに入りたい人はこちら

➡️勝率の養分として野良で適当に遊びたい方はこちら