【FF14フロントライン】リスキルやバックアタックなど、敵対心の高い作戦を実行させなくする方法


フロントラインの勝利条件とはいったい何でしょうか?

それは「1位になること」です。

あらゆる軍師は自国が1位になる作戦しかとらないはずです

敵国にリスキルやバックアタックなどの敵対心の高い作戦を実行され、万が一敵国が勝った場合、その作戦が常に敵国に行われるようになる可能性があります。

そのような敵対心の高い作戦を、敵国に行わせないようにするにはどうすればよいでしょうか?

ここに、ひとつの方法があります

それは、敵対心の高い作戦を行った敵国を確実に2位または3位に引きずり落とすことです。

確実に2位か3位にしていくことで、敵対心の高い作戦は1位を欲する敵国側のプレイヤーから批判を受けます。

結果として、敵対心の高い作戦は実行されなくなっていきます。

たとえば下記のような状態になった場合

150515-7

敵対心の高い作戦を実行してきたタルタルチームを狙い、敵対心の高い作戦を実行した場合、必ず負けるということを植え付けましょう。
アドレナリンゲージも貯まっておらず、自軍のパーティも半壊状態で攻撃すらできない場合、ミコッテ軍団のど真ん中に手が滑って行ってしまって倒されることもあるかもしれません。高揚状態だと焦りで特に手が滑りやすくなっているのでミコッテ軍の中に突っ込んで4ポイントを献上してしまいそうになりますね。

敵対心の高い作戦は固定パーティの力がないと実現は困難です。固定パーティと野良が同じ戦場に送り込まれる現状で、常に固定パーティの養分となっている野良が最後に敵国の順位に影響を与えられる行動は、この方法しかありません。

この方法について、固定パーティは批判をするかもしれません。その理由は、もちろん固定パーティにとって都合が悪いからです。そもそも固定パーティで野良をなぎ倒すようなシステムがおかしいのです。このような方法をしなくてもいいように、固定パーティでの申請と野良での申請は分けられるべきです。

そして、最終的にミコッテ軍団が漁夫の利を得たように見えるかもしれません。
それは漁夫の利ではありません。敵対心を抑えた作戦の成功。
つまり「静者の撃」作戦が功を奏したということです。

敵対心を集めすぎると負けてしまうので注意!

これが三つ巴のPVPのいいところですね!

三つ巴には、プレイヤーのやる気を削ぐような作戦を敵国の固定パーティが行うことを食い止める自浄作用があるのです。

固定と野良の申請を分けてください

修正が行われないから、システムを利用してその時の最大の勝率を求めるのは当たり前。だから自国も他国も固定で出撃しようとする。

そういった行動が加速するのは野良が反撃しないから、反撃しない木人は殴られるだけ。殴られたら殴り返す鉄則を守れば、自ずと暗黙のルールができあがるでしょう。リスキルをした国は1位にはなれないという暗黙のルールとして。

野良の乱獲による勝率はいつごろ終焉を迎えるのでしょうか。
勝率は、他のプレイヤーが認めてはじめて意味を成します。
もう既に勝率は価値を失い、空洞化してしまっているのかもしれませんね。

みんな今できることをするんだ

修正は行われない。
だからこそ、今この瞬間にできることをすればいい。

【固定パーティ勢】
俺は一応負けたくないから固定パーティで出撃するね。
【野良→固定勢】
野良の人も負けたくなければ、フロントラインリンクシェルに加入するといいよ!
【野良勢】
この記事の方法で固定パーティに抗おうとしよう

いろんな戦い方がある。そんな戦い方を考えるのも楽しい。相手のプレイヤーが何を考えて、どのような行動をとるのか先読みして対策を考える。MMOならではの遊び方だ。

毎日、回し車を回し続けるハムスターようなプレイヤーになってしまってはつまらない。作戦の先回りには、さらなる先回りを。真の固定パーティなら簡単にできる!

関連記事

➡️【FF14PVP】メンバー募集中のフロントラインリンクシェルのまとめ

➡️【FF14フロントライン】フロントラインリンクシェルに参加した方の喜びの声

➡️【FF14フロントライン】グラカン別の勝率の意味なし。固定がいれば勝てるだけだ!